積算見積もり楽王3が実現
楽王3
HOME | 導入事例 | 電気工事に携わる企業様

原価検討時に先代モデルからの進化を実感

学校に医療施設、オフィスビル、商業施設など幅広いビルの電気工事を手掛けている清進電設様。1990年代から『楽王』シリーズをご愛顧いただいています。今回は東京支店で積算を担当する野崎萌美氏に『楽王3』の利点について伺いました。 

 【導入の成果】最新の集計機能で言い表せないほどの工数削減を実感

 多い時は月に3つほどの大型案件をこなす野崎氏。見積書が300頁に及ぶこともあります。全案件を『楽王』シリーズで手掛けてきた中で、先代モデル『New楽王』と現行モデル『楽王3』の違いをどのように感じておられるでしょう。
 
「『楽王3』に切り替えて1年半ほど経ちます。だいぶ慣れてきたこともあり、自由度が上がって使いやすくなっていると思っています」
 
 切り替えた当初は「ここは思うような計算式になっていない……」と、アークシステムにお問い合わせいただく場面も。しかし現在は「(先代モデルと比べて)一体どれだけ業務工数を減らすことができているか」と感慨深げです。
 
「特に便利だなと感じているのが集計機能。積算を終えて原価検討する際、歩掛や金額をまとめて変えられるのがいいですね。『New楽王』の頃は1項目ごとにコピーしてチマチマ進めていたので、それを思うと本当に早くなりました」
 
『楽王3』および『楽王Link』『楽王Crew』の集計表は、特定の材料や分類の検討率の一括変更や、単価の変更が可能となっています。全体の見積額を見て効率的に価格調整できるので、例えば見積提出後に顧客と交渉する際も大きな武器となります。
 
「だから、お客様の追加要望に対応するスピードも格段に上がりました」
 
『楽王』の集計機能について(動画)
  
 このように『楽王3』を高く評価する野崎氏。案件が立て込み手が回らない時は部署の方にサポートしていただくこともあるのですが、『楽王3』なら作成した見積書データファイルを同期できるため連携もスムーズなのだと説きます(『楽王Link』も同様のことが可能です)。この点はコロナ禍におけるリモートワークでも効力を発揮しました。
 

【今後の展望】集計をさらに小回り良く……

 楽王を用いて日々積算業務をこなす野崎氏に、今後望むことを伺ってみました。
 
「そうですね、幾つか思いつきます。たとえば先述の集計機能ですが、項目ごとに調整できればなと」
 
 なるほど! 着実に業務を効率化できそうなアイデアです。実現する方法を考案し、また本サイトでご報告できればと思います。

 

取材協力:清進電設株式会社様
1969年の創業以来、さまざまな建築物の電気・空調・給排水衛生設備工事を手掛けられた同社。「多様なニーズに応える柔軟性と信頼される確かな技術力」を掲げ、最高水準のものをローコストでスピーディーに施工することを理念とされています。
http://seishin-ltd.com/

 
 

初代『楽王』からご愛用! 専用テンプレートを用いた「見やすい見積書」が顧客に好評

東京都北部を中心に民間の電気工事を手掛けてきた柳屋電機様。二代目社長の飯島章男様は、月に5~10件ほどの積算見積を行っています。日々の工事もこなす中での積算業務には、あまり多大な労力と時間を費やしたくないところ。そこで20年以上にわたり楽王シリーズをご愛顧いただいています。

 
 写真はイメージです。

 

【導入前の課題】拾い出しから見積完了まで丸1日かかる物件も

「電気工事の材料はすごく多岐にわたり、見積項目は膨大になります。現場から事務所に戻って手拾い、手入力などしていると、とてもじゃないけれど追い付きません」

 
 馴染みの建築会社から届く見積依頼は、通常1~2週間の納期があるということです。しかし飯島社長は現場作業も自ら行っており、積算業務に費やす時間が十分にあるとは言えません。

 
「手作業だった当時、物件によっては丸1日分かかることもあり大変でしたね。深夜0時を過ぎても作業を続ける、なんてことも当たり前でした」と振り返ります。
 

【導入の決め手】代理店の紹介で初代『楽王』と出会う

 楽王シリーズを1990年代からご愛顧いただいている飯島社長。出会いは代理店の紹介によるものでした。

 
「当時は積算専用ソフトというのは他になかったのではないでしょうか」

 
これは生産性が上がるとの判断から、ご導入いただくことになりました。

 

 
【導入の成果】積算作業が速くなったことはもちろん、整理しやすい

 楽王をご利用いただいている現在、「さすがに日付が変わるまで働くことはなくなりました。材料ひとつひとつ単価を調べて入力して……という作業がなくなったので」と飯島社長は笑います。また『New楽王』『楽王3』と進化を重ねる中、より便利になったといいます。
 
「例えばExcel形式で見積提出できるようになったこと。これは『そのまま使える』と便利に思っていただいているようです。うちの見積書は見やすいってご好評いただいているですよ」
 
 柳屋電機専用テンプレートを用意し、工事項目、材料の並びを整理することを心掛けること。こうした工夫も取引先からの信頼につながるのでしょう。 

 

 【今後の展望】これ以上便利になるとすれば……

 現在は『楽王3』の他に会計ソフトなども使用しているという飯島社長ですが、今後どのような業務効率化をお望みでしょう。
 
「設計事務所さんの特徴などを把握し、図面読み取りから積算まで自動的にこなしてくれるツールがあればね(笑)」
 
 た、高いハードルではありますが……(汗)。我々アークシステムも更に楽王シリーズや『ヒロイくんⅢ』を進化させるべく、日々精進します!

 

取材協力:有限会社柳屋電機様
東京都北部を中心に民間の電気工事を手掛けてきた柳屋電機様。楽王3で読みやすい見積書を用意できているのが、事業安定の要素となっているようです。今後ともよろしくお願いいたします。

 

Coming soon