BLOG

セキさんのお役立ちブログ

積算の基礎知識

2022.02.09

積算における共通仮設費とは?内訳や計算方法など詳しく確認!

facebook

twitter

line

こんにちは!ITの力で建設業界に貢献するアークシステムです。

 

建設工事では工事施工そのものとは別に、工事をスムーズに進めるための仮設物もたくさん設置されます。

今回は工事で活用される仮設物などにかかる費用「共通仮設費」について解説します。

 

積算における共通仮設費とはどんな費用か?

その内訳や内容、計算方法などを詳しくご紹介します。

工事現場のプレハブ

 

積算における共通仮設費とは? 内訳を確認

工事を進めるために設置する足場や養生、仮設電気工事、仮設水道工事、仮設トイレなどの費用を仮設工事費といいます。

これらは工事が終わったら撤去する仮設設備です。

 

仮設工事費は内容によって直接仮設費共通仮設費の2つに分けることができます。

土工事では、山留、水替え設備などの科目単独の「工事別仮設工事費」が含まれることもあります。

 

直接仮設費は、建物本体を建てるために直接必要な足場や養生などの仮設・撤去費用。

工事施工に直接必要なもので、直接工事費に含みます。

 

そして共通仮設費は、工事施工そのものに直接性はないですが、工事全体を進めるために必要となる費用のことです。

各工事材料などを吊り上げるクレーンや、敷地周辺の仮囲い、ガードマンなどの警備費などが該当します。

 

具体的な内訳は以下の8つがあります。

 

共通仮設費の内訳

■準備費

工事現場で工事の準備や後片付けに必要な費用です。

土地の調査・測量費用、整地、除草費用、運搬や処分にかかる費用なども含まれます。

 

■仮設建物費

工事現場に建てる仮設事務所や仮設倉庫、作業員の休憩所などの設置費用や維持費、撤去費用などです。

 

■工事施設費

工事をスムーズに進めるための工事用道路や仮囲い、歩道構台、場内通信設備などの設置や維持、撤去にかかる費用です。

 

■環境安全費

消火設備や施設設置、隣接物との養生費や復旧費、安全管理の要員配置などにかかる費用です。

 

■動力用光熱費

工事を行う上で必要な電気設備や給排水設備の設置費用や電気・水道料金が該当します。

 

■屋外整理清掃費

清掃やゴミの処分費用などです。

屋外や周辺敷地の後片付け費用、屋外で発生した材処分費用、除雪費用などが該当します。

 

■機械器具費

測量機器・揚重機械器具・雑機械器具など、工事で共通して必要な工事用機械器具の費用が該当します。

 

■その他

材料や製品の品質管理試験の費用、そのほか上記の費用にあてはまらない費用が該当します。

 

積算における共通仮設費と共通費の違いとは?

共通仮設費は共通費に含まれる費用のひとつです。

 

積算における共通費とは、「一般管理費」「現場管理費」「共通仮設費」の3つを含む間接工事費の総称です。

民間工事では共通費のことを諸経費と呼ぶこともあります。

 

共通仮設費の算出方法、計算式も知っておこう

安全第一の看板

共通仮設費は、個別の費用をそれぞれ積み上げて算出する方法と、直接工事費に対する共通仮設費率を用いて算出する方法の2つがあります。

 

共通仮設費率を用いる場合の計算式は以下の通りです。

 

■共通仮設費=直接工事費×共通仮設費率+共通仮設費率に含まれない費用

 

共通仮設費の中でも、仮囲いや揚重機械の費用などは共通仮設費率には含まれないので、個別に算出したものを加えます。

 

新営建築工事での共通仮設費率の算定式は以下の通りです。

 

■共通仮設費率(%)=7.56×P-0.1105×T0,2389

P:直接工事費(千円)

T:工期(カ月)

 

共通仮設費率は工事規模によって上限、下限が設定されています。

直接工事費が1,000万円以下の場合で上限4.33%、下限3.25%、1,000万円超の場合で上限5.78×P-0.0313、下限4.34×P-0.0313となっています。

 

なお、共通仮設費率やその上限・下限は、新営工事かリフォーム工事か、工事の種類などによっても異なります。

 

積算における共通仮設費の内訳と算出方法を知ろう

積算における共通仮設費とは、工事施工そのものに直接性はないですが、工事全体を進めるために現場で共通して必要となる費用のことです。

現場事務所や仮設倉庫、電気水道設備など工事が終わったら撤去する仮設物や、工事をスムーズに進めるための準備、工事後の後片付けやゴミの処分費用などが該当します。

 

「共通費」と言葉が似ていますが、共通費は、「一般管理費」「現場管理費」「共通仮設費」の3つを含む間接工事費の総称です。

共通仮設費は共通費に含まれるもののひとつですので、混同しないように注意しましょう。

 

共通仮設費の算出方法は、個別の費用をそれぞれ積み上げて算出する方法と、共通仮設費率を用いて算出する方法の2つがあります。

共通仮設費率は工事の種類によって上限・下限が定められています。

 

複雑な工事費の算出には積算見積ソフトが便利です。

アークシステムでは、建設業向け積算見積ソフト「楽王シリーズ」をご提供しています。

積算見積ソフトを導入して業務の効率化を図りましょう!

 

現在、「楽王Link」「楽王Crew」の無料体験を実施中ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

★無料体験はこちらから→「楽王Link/Crewの無料体験」

★お電話でのお問い合わせはこちらから→045-451-5121045-451-5121

 

楽王メルマガ_バナー

この記事を書いた人

建設ICT事業 企画/プロモーション佐藤 一也

第二種電気工事士、基本情報技術者試験の資格を保持する。
10年以上のシステム開発経験を活かして、建設業向けの製品企画とプロモーションを行う。

facebook

twitter

line

Contact

資料請求やデモ依頼など、
どんな事でもお気軽に
お問い合わせください。

お問合せ・資料請求

動画でわかりやすく解説

動画でわかりやすく解説